2017年8月最初の更新 今回もダイジェスト

2017年8月7日更新

さてまず最初に近況報告です。

c0180091_15022254.jpg




前回に引き続き、

腰を壊して長期休職療養中です。

お陰さまで酷かった足右の痺れと、

脱力がかなり軽減されました。



しかしながら、腰の痛み自体が相変わらず鋭く、

長時間立っているのもしんどい有様です。

厳しいところ、手術しても効果が認められるか保証できないとのことで、

今はひたすら痛みに耐えリハビリに励むしかない毎日です。



さて、心まで暗くなってはリハビリもできませんから、

今回も食べたカレーをダイジェストでお送りします。



まず一杯目。

紹介された整骨院に行くべく大阪へ。

その途中お邪魔したのがこちら。



c0180091_15004462.jpg

「インデアン 淀屋橋店」さん

c0180091_15002466.jpg

「インデアンカレー レギュラー」

こちらの店舗は初めてですが、

お店が変われどやっぱりここのカレーは美味しいです。

上品な甘みの後に、シャキーンと切れ味鋭い辛さが舌を襲います。


が、まとわりつくような辛さではないので、

辛党でない方も一度挑戦してみる価値はあると思います。

c0180091_15003220.jpg



ちなみに帯広インデアンさんとは味は全く違いますが、

こちらも常習性の高い一杯です。



2杯目。

で、その整骨院の帰りww

わざわざ地下鉄代を奮発して「あびこ」へ。

はい、また行ってしまいましたラマイさん(それでも確か今年二回目)。

c0180091_15080364.jpg

「スープカレー チキン スープ大盛り」

辛さは課金ありタイプ(唐辛子の量アップ)のMAXデヴィフジン。

トッピングにはパワーガーリックオイルの「強」。



お味についてはもう何度も紹介しているので割愛します。

が、すみません、もうデヴィフジンでも辛く感じません・・・。

札幌の店舗でやっている「デヴィフジン×2」を、

こちらでも実施してくれないものでしょうか?



ともあれ、

このボリュームとクオリティで合わせて1250円と言うのは恐れ入ります。


三杯目。

丸太町通りを病院向け歩いていると、

いつもこの看板が気になっていました。

c0180091_15010392.jpg

「花芭蕉」さんと言うお店の案内看板です(カレー専門店ではなくカフェ)。

c0180091_15011487.jpg

「神戸牛スジのカレー」

トロみあるルゥの中に、

優しいスパイス使いと深いコク、

そしてトロッした食感の柔らかい牛スジ。

なんかこうホッとする味です。

c0180091_15093025.jpg

サービスで付いてくる自家製のお漬物。

これだけでも、このお店人に教えたくない(笑)

食感も良く大変美味しかったです♪



尚、満足度高いですが、

これで600円とはこちらも恐れ入ります。



それと、店主さんのお人柄が素敵です。



最後に以前もお邪魔した「近江屋清右衛門」さん

欧風の土鍋カレーとお漬物が美味しいお店です。


8月に入ってから、

札幌の某有名店監修のスープカレーが提供されていると、

北のカレー仲間からの情報を頂きましたので、

こちらも病院の帰りにお邪魔しました。

c0180091_15101377.jpg

「100%京都ポークハンバーグのスープカレー」

スープカレーの種類はこれ一つのみで辛さの選択もなし。

まず、最初に言っておきますが、ハンバーグが馬鹿ウマ!です。

あんまし余計な事いう必要ないっす(笑)



そして野菜が大変丁寧に調理されており、

しかもボリュームがあります。

この辺りは監修店の影響が大きいと。

京都ならではの万願寺唐辛子も美味しかった♪



スープの方はしっとりした口当たりに、

深いコクと旨味が活きて大変味わい深いと思います。

尚、辛さはほとんどなく、スパイス感は控えめ



個人的には辛さの選択肢が出来てくれると嬉しいです。

c0180091_15015915.jpg

こちらもお漬物サービスあり♪


さて、矢継ぎ早に4杯紹介していきましたが、

まだ腰の状態が芳しくないので、

次の更新はいつになるかわかりませんが、

これからもこのブログだけは続けて行きたいと思います。

c0180091_15013527.jpg

まだまだ暑い日々が続きますが、

カレーで乗り切りたいと思います。

皆様もどうぞお身体ご慈愛ください。

c0180091_15014949.jpg

追伸。これ以上厄が来ない様に、
有名な「清明神社」に行ってきました。



by hanzoucurry | 2017-08-07 15:15 | 京都珍道中 | Comments(0)