カテゴリ:京都市( 41 )

新しい食感発見♪ 

2016年1月13日深夜更新
皆様、新年早々更新が滞って申し訳ありません。
勤務シフトの関係、なかなか本年初カレーが食べられませんでした・・・。

まぁ、しばらくは熱いシフトが続きそうなので、
隙を見て更新して行きたいと思います。

さて、今回は札幌時代から目を付けていた、
京都の老舗洋食屋さんで、
本店を西陣に構える「キッチンゴン」さん。
c0180091_0315873.jpg

ネットで調べたら拙宅から割と近い「京都駅」に直結店舗がありましたので、
こちらにお邪魔してみました。
c0180091_0314484.jpg

この名物階段を上り11Fのフードコートへ。
c0180091_0321216.jpg

「キッチンゴン The Cube」さん。
もっとざっくばらんなお店を想像していましたが、
私とはベクトル違う、おっされ~な感じのお店。
c0180091_0323169.jpg

まずはお店から一望できる京都駅南側の景色を観ながら、
一人でかんぱ~い。
c0180091_0324371.jpg

昼間から飲むビールって背徳感があって素敵よね。
まぁ、基本私にとって麦茶みたいなもんっす。

さて、話をカレーに。
今回のお目当てはこちら。
c0180091_0325437.jpg

「ピネライス」
カレーソース、カツ、チャーハンのありそで無かった異色の組み合わせ。
サクサクとした食感のカツとパラッと仕上がったチャーハンが美味い♪

贅沢を言えば、も少しカレーが多ければ良かったと思いますが、
なんかこう、また猛烈に食べたくなるよう常習性が秘められている一杯でした。

ちなみにピネとはどこぞのお言葉で「薄い」という意味らしいですが、
確かにカツは薄身です。
が、そうは言っても割と肉厚があるのと、
やはり前述の通りサクッとした食感が、
チャーハンにもカレーにも合って美味しいと思います。

個人的にも少しジャンクな感じを期待していましたが、
ネットでいろんな記事を見ておりますと、
同じ「キッチンゴン」さんの他の店舗でそれは期待できそうです。

ともあれ、京都旅行の〆にいかがでしょうか?
尚、食べ物に関してかなり誘惑の多い場所にあるので、
この「ピネライス」を食べてみたい、
という、特に北海道民の皆様は、
10Fのラーメンコートは気を付けた方が良いでしょう。

※ あの「す●れ」さんも入居♪

尚、余談ですが、さすが老舗洋食屋さん、
※ 隣の夫婦の海老フライがめっさ美味しそうでした。
 →「ピネライス」とのコラボあり!

今回お邪魔したのは「キッチンゴン The Cube」さん
住所 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901ザ・キューブグルメ街11F
最寄駅 「JR京都駅」直結。
営業時間 11:00~22:00(ラストオーダー21:30)

by hanzoucurry | 2016-01-13 00:40 | 京都市 | Comments(0)

京都で札幌気分を満喫♪「ひろし」さん

2016年1月3日更新
皆様明けましておめでとうございます。
本年度もどうぞよろしく願い申し上げます。

今年も色んな場所へカレーを食べに行きますね。

今年の目標。
・あいつは駄目な奴と、レッテルをはられない。

以上。
c0180091_22272338.jpg

さて、今回も京都では数少ないスープカレー屋さん、
「かれー屋ひろし」さんにお邪魔しました。
場所はプロレスラー「天山広吉」選手の母校
山城高校のすぐ近くあります。
※ あっ!?いらない情報でしたか・・・。

以前も紹介しましたが、
店主さんは札幌の超有名店で腕を磨かれた方です。
c0180091_22264115.jpg

「チキンのスープカレー 」
スープは均整の取れた隙のない美味しさです。


チキンが柔らかくて美味しい♪

続いては別の日、結局これが昨年のラストカレーになりました。
c0180091_22275499.jpg

「野菜のスープカレー」
トッピングにはソーセージ。

ちなみに辛さの方ですが、現在のところ、
MAXは「50番」だとか。
※ これ以上は店主さんが味見をできないためだそうです。
尚、現時点その50番を平気で人が一人いるそうです。
私ならこの感じだと40番が限界かな・・・と。
凄い人がいるものです(笑)

拙宅より歩いて片道7キロ位だし、
辛さも上げて食べてみたいので、
今後も通ってみたいと思います。

今回お邪魔したのは「スープカレー専門店 かれー屋ひろし」さん
住所 京都市京都市中京区西ノ京御輿岡町27-7
営業時間12:00~15:00
      17:00~22:00
定休日 火・水曜
※データはお店でいただいたカードより引用致しました。

by hanzoucurry | 2016-01-03 22:32 | 京都市 | Comments(0)

今年最後の更新か? 「カマル」さん

2015年12月27日更新
c0180091_1537599.jpg

先日の帰宅時に撮影、
北海道の皆様には考えられない気温なんでしょうね・・・。

さて、最近の休日は運動不足解消と、
土地勘把握のため京都市内をブラブラしております。

ブラブラした後は、
もっぱらカレーか、ラーメンですが、
早くも2回行ったのがこちら。
c0180091_15382028.jpg

「カマル」さん。
東京の名店の味を受け継ぐ、
京都でも名うての人気店です。
c0180091_1538491.jpg

「コンビネーションカレー」
すみません、ちょっとピンぼけてしまいましたが、
右が癖になりそうな「ビーフカレー」で、
左が「野菜カレー」です。

どちらも美味しいですが、
やはり僕は左のビーフが大好きです。

こちらの場合、先に辛さがストレートに来ますが、
その後、きめの細かい旨味とコク、
さらにスパイス感が来ます。

辛さは舌にまとわり付かず、
カレーの美味しさを消すどころか、
しっかり引き出していると思います。

この辛さクセになりそうです。

そしてクセになった私は、
京都在住の同級生をお誘いして、
翌週再度カマルさんへ。
※ 珍しく女性とカレーです♪
c0180091_15393531.jpg

昼間っからビールで乾杯♪
c0180091_15394687.jpg

「ビーフカレー」
まぁ、当然こうなりますわな♪
やはり辛いので、
苦手の方には「やさいカレー」や「バターチキン(これもまた美味い♪)」をオススメしますが、
ガッツリ激辛というわけではありませんので、
覚えのある方は是非挑戦してほしいと思います。
※ チョイ盛りというセレクトもあるので、他のカレーと一緒に味見感覚でオーダーするものよろしいかと♪

今回お邪魔したのは「カマル」さん
住所 京都市中京区三条東洞院東入ル菱屋町32-1
営業時間 平日11:30~15:00(ラスト14:30)
       17:00~22:30(ラスト22:00)
    土日祝11:30~22:30(ラスト22:00)
※ データはお店でもらったカードより引用致しました。

by hanzoucurry | 2015-12-27 15:44 | 京都市 | Comments(0)

楽しくなってきました 「太陽カレー」さん

2015年12月20日更新
京都府民として初めて京都のお店のレポです。

京都は生まれ故郷と言えど、
過ごしたのは3歳まで、
当然土地勘なんぞありません。

そんな訳で土地勘把握と、
運動不足解消のため、
お休みは京都市内を徘徊しております。
c0180091_23244543.jpg

c0180091_2325346.jpg

c0180091_23261583.jpg

さて、今回お邪魔したのは、
京都にする従兄弟オススメの「太陽カレー」さん。
旨辛のルゥカレーがご自慢の人気店です。
c0180091_23264349.jpg


c0180091_2327218.jpg

「男のカレー」
三元豚のロースかつ、
牛スジ煮込み、
ガーリックチップの入った男のカレー。
※ 女性の方にも人気の一品です。

辛さは上から「激辛口」「ちょい辛口」「旨辛口」「辛さひかえめ」となっており、
僕は上から二番目の「ちょい辛口」を選びました。

まず口に入れると甘さが広がります。
そして、その後に来るのが鋭い辛さ。

おお、これはいい♪
もちろん辛さだけでなく、
コクときめ細かいスパイス感も大変良いです。

牛スジは柔らかくてトロトロ、
カツも脂っこくなくヘルシーだし、
カレーの中でもしっかり旨味が活きています。

ここ美味いわぁ~♪

ちなみに、カレーの上に乗っているカブのお漬もん、
アンバランスと思いきや、
カレーに結構合っています。

美味しく平らげた後、
会計を済ますと、
待合室や階段で待っている人が一杯。

お店の雰囲気が良いので、
ついつい歓談が長引きそうですが、
混雑時はお心配りの程。

尚、こういう事もありますのでご注意を。
c0180091_23281280.jpg

今回お邪魔したのは「太陽カレー」さん
住所 京都市中京区壬生西土居ノ内町19 ボイスビル2F
営業時間11:00~15:00(売り切れ閉店あり)
定休日 日曜日 不定休有
※ データはお店のメニューかれ引用しました。

by hanzoucurry | 2015-12-20 23:34 | 京都市 | Comments(0)

京都で札幌スープカレー「かれー屋 ひろし」さん

2015年10月23日更新
今回も京都からです。
c0180091_2115858.jpg

9月頭にオープンしたばかりのスープカレー専門店。
c0180091_21152832.jpg

カウンター数席、
大きさの違うテーブル席2つのコンパクトなレイアウトですが、
木の温かみと、店主さんのお人柄相まって、
アットホームでゆったりした空間のお店です。

飲み物はカウンター傍の冷蔵庫から、
店主さんに申告してから自分で取り出します。

今回は、スープカレー初体験となる従兄弟を連れてのお邪魔ですが、
シンプルなメニューは、
スープカレー初体験の従兄弟でもでも分かりやすいように工夫が施されています。
辛さに関しても、
店主さんが分かり易く教えてくれるので、
こちらも安心してオーダーできると思います。

まずは従兄弟のオーダーしたこちら。
c0180091_2116962.jpg

「納豆スープカレー 辛さ1番」
メニュー上では辛さは選択は1番~20番~となっています。

従兄弟は私の様に辛さを求めていないので、
普通に1番をオーダーしていました(笑)

私は店主さんのオススメの「10月限定メニュー」
c0180091_21162491.jpg

の、
c0180091_21163725.jpg

「辛さ2番 トッピング にんにくチップ」
少し甘みのあるスープで、
旨味、コク、スパイス、辛さ、
均整の取れた隙のない美味しさです。

にんにくチップの風味もスープに良いパンチが入っていますし、
豚角煮も柔らかくてトロトロ、
スープに大変良く合っていると思います。
大根もいいなぁ~。

大変美味しく、
えっ!?ここ札幌!?と思わず錯覚してしまうお手前です。

京都にお住まいで、
スープカレーに漠然としたイメージしかない方にオススメです。

丁度食べ終わる頃に、
店主さんから話しかけてくださったので、
いろいろお話を聞く事ができました。

札幌と錯覚した訳、合点が行きました。
店主さん、札幌の超有名店で腕を磨かれた方だったのです。

店名を聞いた時「なるほど!」と思ってしまいました。

この後も、京都の美味しかったスープカレー屋さんの話に花が咲いて、
普段はお店の人とあまりお話ししない私が、
従兄弟そっちのけでスッカリ話し込んでしまいました。

母の実家から歩いて10分位の場所にあるので、
今後はお墓参りの際にまた寄らせていただきたいと思います。

 
今回お邪魔したのは「スープカレー専門店 かれー屋ひろし」さん
住所 京都市中京区西ノ京神輿岡町27-7
最寄駅 JR山陰線 「円町駅」
営業時間 12:00~15:00
     17:00~22:00
定休日 火・水曜日
※ データはお店でいただいたカードより引用させていただきました。

by hanzoucurry | 2015-10-23 21:19 | 京都市 | Comments(0)

味ヨシ!人ヨシ!「ガーネッシュ」さん

2015年10月20日更新
c0180091_1361210.jpg

さて、人員不足にも係らず、
会社が連休をくれましたので、
本当の故郷京都に帰ってきました。
c0180091_134182.jpg

任務は墓参りと後は極秘。

さて、京都の美味しいカレー屋さんを調べていると、
今回ご紹介する「ガーネッシュ」さんに目が止まりました。

もともと、店主さんは現在と180度違う職種に就かれており、
震災直後に石巻にも任務でいらしたとのこと。

その記事を見て以来、
どうしてもここには来たかったんです。

入った途端に、
店主さんと女性店員さんお二人がとびきりの笑顔で出迎えてくれました。
c0180091_1344154.jpg

「熟成三元豚カツカレー」
サラサラで口当たりの良いルゥの中に、
玉ねぎとフルーツチャツネの甘さ、
そしてしっかりと絡み合うスパイス達。
特に、クミンの風味が癖なく爽やかに活きているのが印象的です。

そして、サクサクっと揚がった三元豚は、
脂っこさを感じさせないサッパリとした味わいで、
お肉も柔らかくて美味しいです。
そして、それが上記のルゥと絡むとこれまた美味しい♪

ここ、うまいわぁ~。
いつまでも食べていたい。
c0180091_135244.jpg

ちなみにこちらが店頭写真ですが、
時折店主さんが小窓から顔を出し、
お店を見ている若人に声をかけていました。(笑)

あの笑顔で「どうぞ♪」って言われたら断れないなぁ(笑)

最後に石巻から来た事を告げ、
石巻の現状をお話しさせていただきました。
フランクで、とても前職からは考えられない物腰の柔らかさ。
(なんでも接客はディズニーシーで働いて学んだとか)

どことない居心地の良さは、
この店主さんのお人柄から出ているのでしょう。

いつかそのとびきりの笑顔で、
石巻でカレーを振舞って欲しいですね。

今回お邪魔したのは「欧風カレーハウス GANESH(ガーネッシュ)」さん
住所 京都府京都市中京区三条通室町西入衣棚町59-2
最寄駅 阪急京都線 烏丸駅
    地下鉄烏丸線 烏丸御池駅
    地下鉄東西線 烏丸御池駅
  (駐車場はありませんが、京都駅からもアクセスしやすい場所です)
営業時間 11:30~15:00
     17:00~20:00
定休日 日曜日 祝日

※ データはお店でいただいたカードより引用致しました。

by hanzoucurry | 2015-10-20 13:08 | 京都市 | Comments(0)

古都の美味しいカレー「カマル」さん

2015年3月4日更新
申し訳ありません、
すっかり更新が滞っておりました。

既に先月になってしまいましたが、
帰省した京都からお送りします。
c0180091_1711357.jpg

さて、今回は、
東京原宿の超実力店の流れをくむ、
「カマル」さんにお邪魔しました。
c0180091_17102876.jpg

店内は、
コンパクトにまとまった店内ですが、
解放感があり大変くつろげる空間です♪

c0180091_1751449.jpg

ランチセットのサラダ。
黒コショウのパンチの効いた、
大変美味しいポテトサラダです♪
カレーの前菜として美味しくいただきました。
c0180091_1752327.jpg

「コンビネーションカレー」
向かって左は「野菜カレー」
右は今回のお目当て「ビーフカレー」。

「まずは野菜カレー」
辛さ控えめのマイルドなカレーで、
野菜の美味しさとの一体感がある、
大変ヘルシーな一品です。
二日酔い等、胃の弱ってる時にも美味しくいただけるかと♪

お次はずっと食べたかった「ビーフカレー」。
メニューには「激辛」とあります。

まずは、メニュー通り、
強烈でストレートに舌にくる辛さが素敵です。

若干油分がありますが、
深いコクと透明感がある旨味、
そしてきめ細かいスパイス感。
正直、ずっと食べていたかった(笑)

まぁ「激辛」と言っても、
舌にまとわりつく様な辛さではないので、
多少辛さが苦手な方でも、
ハードルを越える価値はあるのではないでしょうか?
※ 辛さは半蔵104基準です

ちなみに「カマル」さんで、
この「ビーフ」と肩を並べる旗艦は「バターチキン」。

本当は「ビーフ」「バターチキン」でコンビネーション予定でしたが、
残念ながらランチメニューではそれができず・・・。

が、店員さんから嬉しい提案♪
c0180091_175438.jpg

「チョイ盛 バターチキン」
辛くなく、クリーミーな食感♪
バターの香りとトマトの酸味♪

美味♪
バターのコクの活きるバターチキンも好きですが、
「カマル」さんのこのサッパリした味わいは初めてです。
c0180091_1755463.jpg

お次は、従兄弟の頼んだコンビネーション。
左「バターチキン」
右「牛すじのトマトクリームカレー」
ちなみに「牛スジのトマトクリームカレー」はこの日の賄いカレーでした。

味見をさせてもらうのを、
自分のカレーに夢中になっていたので忘れてしまいましたが、
従兄弟は2つのカレーに終始夢中になっていました(笑)

ともあれ、このレポを作成しはじめてから、
ずーっとこの「ビーフカレー」の味を思い出し、
無性に京都に帰りたい気持ちにとらわれています。

まぁ、これから帰省する機会も増えるし、
もしや移住?するかも知れないから、
どんどん通いたいと思います。
えっ!?「ビーフ」は辛さUPもあるの!?
ふふふ♪

今回お邪魔したのは「Spice Curry Kamal」さん
住所 京都市中京区三条東洞院東入ル菱谷町32-1
最寄駅 地下鉄「烏丸御池」駅
営業時間 平日 11:30~15:00(ラスト14:30)
        17:00~22:30(ラスト22:00)
    土日祝 11:30~22:30(ラスト22:00)
※ データはお店でいただいたカードを引用させていただきました。

by hanzoucurry | 2015-03-04 17:11 | 京都市 | Comments(0)

こちらも念願のカレー

2013年10月5日更新
さて、今回は関西からのレポート3回目です。

京都から大阪の難波に流れて、
吉本新喜劇観て、マジスパ行って、
その後は暫しホテルで休憩。
c0180091_18182691.jpg

気がつけば街はおなじみのネオンが煌めくこんな感じに。

今回は創業から100年以上経ち、
全国的にも有名なこちらのお店。
c0180091_18184187.jpg

c0180091_18185761.jpg

「自由軒 難波本店」
入店すると、店内はほぼ満席状態。
店員さん達がテキパキしていて、
良い活気が伝わってきます。

着席して即断で、
c0180091_1819930.jpg

こちらと、
c0180091_18192684.jpg

「名物カレー」をオーダー。
またビールですか?
ええ、またビールですよ♪

名物カレー、
よくドライカレーに生卵が乗ったものと思われているようですが、
実際はカレーとご飯を一緒に炒めたものでして、
創業当時のお店側の工夫が生んだ全くオリジナルなカレーです。

ちなみにカレーはこんな感じで食べます。
c0180091_18194282.jpg


念入りに、念入りに生卵とカレーを混ぜ、
さて、いただきます♪
最初はソースをかけずにいただきました。

独特の食感が素敵♪
辛さは生卵で抑えられ気味ですが、
程良いスパイス感が活きた親しみやすいマイルドなカレーです♪

ビール飲みながらガツガツと行き、
途中から味変のためソースを投入。

ソース(ウスターソースですよね?)でコクと酸味が+、
これまた違った味わいに変化♪
尚、周りを見回すと、ほとんどのお客さんが最初にソースをかけていました。

量的にはもう一杯頂ける位なので、
いや、連日の食事で胃がマヒしているだけでしょう。
なかなか食べられるカレーじゃないので、
本当にもう一杯行きたかったですが、
これからの飲みを考えてやめておきました・・・w

ちなみに、
大食漢の方にはカレーだけでなくセットメニューもあるので、
どうぞご心配なく。

さて、大阪と言えばもう一軒行きたかったお店がありましたが、
カレー以外に食べたい物があったので、
今回は見送らせていただきました。

「カレー優先最優先」そろそろ、名変が必要かな(笑)

お店データ 「自由軒 難波本店」
住所 大阪市中央区難波3-1-4
営業時間 11:20~21:20
この20分はなんでなんでしょうね・・・。
定休日 月曜日 他にも休業日あり
席数 38席 
駐車場 無し
データはお店のホームページより引用させていただきました。

by hanzoucurry | 2013-10-05 18:21 | 京都市 | Comments(0)

ガーリックチップとクスクス

2013年9月30日更新。
※ 残念ながら閉店された模様です。
さて、9月27日から本日まで、
京都への帰省と大阪旅行をしてきました。
c0180091_1930024.jpg

旅行中、胃の都合上、
京都で1軒、大阪で2軒しか行けませんでしたが、
3回に分けでレポしていきますので、
どうぞお付き合いください。

まずは1日目の京都。

数店候補がありましたが、
今回は「クスクス」を出してくれるこちらのお店に。
c0180091_19301547.jpg

ちなみに、
京都御所に程近い場所にあり、
裁判所や小学校といった分かりやすい目標物があるので、
京都出身にも関わらず地理感ゼロ(しかも方向音痴)の僕でも、
簡単にアクセスできます。

c0180091_19302718.jpg

「ロールキャベツのスープカレー」
グツグツと音のする熱々スープカレー。
スープはややマイルドで、スパイス感は抑えられ気味ですが、
口当たりよくスルスル行けます。
お好みで入れてくれたガーリックチップから良いパンチが出ているので、
「ガーリックチップ」は迷わず入れて頂くことをオススメします♪

c0180091_19304454.jpg

辛さはこちらで自分で調整しますが、
右のパウダーを入れたら、辛さと香りがUP。
(辛党の方は、ガンガン行っても良いかと)
左のハバネロソースは辛さと酸味がUP。

僕は、パウダーをがっつり、スースは少しだけいれましたが、
スープに引き締まった感ができて、
辛さUPでスープの美味しさもUPしました。

野菜とロールキャベツはやや小ぶりですが、
熱々ホクホクが、スープと良く合って美味しかった♪

さて、今回の目玉「クスクス」、
こちらでは「五穀米」と「クスクス」のどちらかを選びます。

c0180091_193141.jpg

「クスクス」、
パスタを粒状にした様な感じ。

名画「ザ・カンニング IQ=0」(仏)を小学生に観た時以来気になっていた食材で、
(映画の内容については、ネタばれになるので各自どうにかして観てください)いつか食べてみたいと思っていました。

オーダーの際「少し癖があります」と言われましたが、
ここまで来たらもうクスクスしかない!!

で、そのまま食べると・・・。
う~ん、確かに独特の癖がある・・・。
これは完食むりか!?と思いましたが、
店主さんの「スプーンの上にのせて、スープをすくって食べてみてください」
のアドバイスに従ってみると、
スープのおかげで癖が取れ、その後は食感が良いので、
完食までバクバクといただきました。
(逆に癖になるといいますか)

あと、お店には世界のビールがズラリ、
ビール好きの方はそちらの方も楽しめると思いますよ~。

さて、
他府他都県のスープカレー屋さんは、
どうも札幌のお店と比べられがちですが、
せっかく美味しいのに比べてもしょーないっしょ!
ってぼかぁ思います。

なにはともあれ、
美味しかったです♪
またよばれにいきます♪

次回は大阪よりレポします。

お店データ「café Hofner」さん
住所 京都市中京区夷川通富小路西入俵屋町304 1F
最寄駅 市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅
    京阪「神宮丸太町」駅
営業時間 12:00~21:00(ラスト20:30)
定休日 水曜日
データはお店のホームページより引用させていただきました。

by hanzoucurry | 2013-09-30 19:35 | 京都市 | Comments(0)

今回はカレーします

さて、今回はカレーです♪
2012年11月13日更新
ども、半蔵104です。
前回に引き続き京都市よりお送りします。
c0180091_16471533.jpg

「阿国像」

帰省前にネットで京都のカレー事情を調べたところ、
まぁ個性的なカレーが出るは出るわ。

その中でも特に私の目を引いたのが、
「すじカレーうどん」。

と、言うわけで今回はこちらにお邪魔しました。
c0180091_16473636.jpg

「お食事処やまびこ」
看板メニューはもちろんこちらです。
c0180091_16475986.jpg

かなり人気のあるお店のようで、
お昼時は並ぶ覚悟必至とのことでしたが、
嬉しいことにこの日一番乗りで入店♪

が、このあとお客さんが続々入店。

スーツ姿の人、作業着姿の人、京美人、舞妓はんが続々と入店し、
私どもが注文を終わるころには店内はほぼ満席状態。
※ すみません、舞妓はんは嘘です。

メニューはこちら
c0180091_16484562.jpg

「セットメニュー」
c0180091_1649514.jpg

すみません、こちらは撮影に失敗しました。
c0180091_16494431.jpg

「やまびこ・すじカレーセット」
まず、お寿司の横にご飯が一粒あるのと、
巻き寿司がいびつな事に注目してください。

これは、空腹のため写真撮影を忘れ、
いきなりお寿司をつまんだ事が原因です。
(あわてて元に?戻しました)
このあたりに「やまびこ」さんサイドの落ち度などありません。
あしからず。

ともあれ、いただきます♪
大ぶりの牛すじが軟らかくて美味しいです♪
とろみのあるおつゆの中に、
肉の旨味と絶妙なスパイス感が活き、
ダシの美味しさは、
上記に消されず逆にそれらを底上げしているような感じがしました。

麺の方はやや細め、そしてやや軟らかめですが、
おつゆと良く絡んで美味しいと思います。

そして、すじカレーうどんについてくる「温泉たまご」は、
辛いものが苦手な方には打ってつけ。
辛みが和らぎ、まろやかさがUPしました。
辛いのが得意な方には、
途中からの味の変化を楽しむのに良いかと。

ちなみに、従兄弟が頼んだ「すじカレーうどん 大盛り」こちら。
c0180091_16503514.jpg

とろみの影響でなかなか冷めないため、
従兄弟は終始汗だくで食べていました♪

まぁ札幌の皆さん、百聞は一見にしかずですかね。
お店の場所は、御所から近いので、
観光中のお昼ご飯にいかがでしょうか?

美味しかったです!
またよばれにいきます、ごっつぉさんでした。

おまけ 
c0180091_16511063.jpg

伏見稲荷さんにて。


今回お邪魔したのは 「京で生まれて60周年 お食事処 やまびこ」
住所 京都市中京区丸太町西洞院東入田中町122
営業時間 昼の部 11:30~14:45
     夜の部  17:30~20:00
夜の部は月・火・水曜日のいみ営業。売り切れ閉店あり。
定休日 土曜日
駐車場 なし
※ データはお店でいただいたカードより引用させていただきました。

by hanzoucurry | 2012-11-13 16:58 | 京都市 | Comments(0)