<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「SOUPCURRY&BAR GARAKU」さん 三拍子!

2009年3月22日
4月の異動に伴い何かとバタバタしてて、
最近カレーをなかなか食べに行けない半蔵でございます。

この日は我がカレー部の新入部員S君とともに出動。
S君のリクエストにお答えして「ガラク」さんにお邪魔しました。

まずは軽くS君の紹介。
ちなみに本人は「カレー部になど入部した覚えはない」と言うかもしれませんが、
問答無用強制入部です。
芸能人と同姓同名であり、
ベイシティローラーズのアラン(知らない人は置いて行きます)を意識した様な髪型をし、
さらに顔とのギャップが激しい秘密を持つ男。
ともあれ、愛矯があって人懐っこいなかなかの好青年です(一応フォロー)。

すみません横道にそれすぎましたね・・・。
も一度気を取り直して「ガラク」さんの紹介に戻ります。

c0180091_2194174.jpg


場所はあの雨の日も風の日も休まず黙々とミシンを踏む女性が座っている「中山ミシン」さんの近く。
みんな大好き 「ファラオ」のほぼ向いにあります(ツッコミ禁止)。

さてオーダーです。
僕は夜限定「炙り生ラムのサイコロペッパー風味」の大ファンなんですが、
この日はチキンの気分だったので、
「やわらかチキンレッグとやさい 辛さ6」を。
そして、前から気になっていた「ロブスタースープ」をチョイス。
ちなみに辛さは一応6で最高だそうですが、
7以降も可能とのこと(メニュー参照)。

さぁて、噂の「ロブスタースープ」はいかがなものか!?

お店はアベック、女学生、OLさん風、家族連れの皆さんでかなりの盛況振りでしたが、
差ほど待ち時間もなくやってきましたよ~。

c0180091_2185176.jpg


まずはスープから。
「ガラク」さん自慢のコクのあるスープの中にロブスターの風味と旨味がたまらん!!
そして、辛さ、スパイス感もそれらを損ねることなくしっかり調和されています。
これは美味いっす!!

お次にチキン。
大きてし柔らかくてスプーンだけで十分にほぐせます。
それをスープと絡めて食べると・・・。
あぁ、キーボードを打ちつつまた無性に食べたくなってきましたよww

さらに野菜は甘みのあるキャベツがいいですね~。
ややこってりのスープにさっぱりさがあるのはこのキャベツのお陰ですかね?
素揚げしたブロッコリーも癖になりそう。

う~ん、僕には非の打ちどころがない。

そして、店員さん達の細やかでさり気ない気配りが嬉しかったです。
荷物があると直ぐに備え付けのカゴをさりげなく用意してくれたり、
器を下げてくれた後の「ゆっくりして行ってくださいね~」の言葉には安らぎさえ覚えましたww
もちろん会計後は「階段急ですから気をつけてくださいね~」の注意喚起付きw(行ったことある人しかわからんな・・・)

あっそういえば、「ガラク」さんはお酒も充実しているんですね(ホームページ参照)。
混んでいない時を見計らってカレー後にゆっくりお酒も飲んでみたいですね
でも酔ったら階段には注意ですかねww

ともあれ、タイトルとおり、
味ヨシ! 店ヨシ! 人ヨシ!の三拍子揃った「優等生」のようなお店でした。


「SOUPCURRY&BAR GARAKU」さん
住所:札幌市中央区南3条西2丁目7番地
営業時間:平日昼 11:30~15:30
       夜 17:00~23:30  
     日祝  11:30~22:00 ラストオーダーはいずれも30分前
     お休みは不定休のようです。

by hanzoucurry | 2009-03-30 21:13 | 2009年札幌スープカレー | Comments(6)

「曼荼羅 西町本店」さん  透明感

2009年3月11日
c0180091_11162590.jpg
職場にてあんまり半蔵がカレーカレーって言うもんですから、
先輩が「俺も食べてみたい」ということになり、
この日はその先輩の自宅近くの「曼荼羅 西町本店」さんにお邪魔しました。

当初は2人で食べる予定でしたが、
その後2人増え合計4人に。

普段一人で食べるので、
大人数しかも気の合う会社の皆さんと食べられるのが嬉しかったです。

開店してすぐに入店、
清潔感があって外から想像したよりも比較的広くて、
なかなかくつろげる店内。

メニューを拝見。
c0180091_11165581.jpg


今回は僕を含め全員が初入店。
初入店だとただでもどれにしようか迷うのに、
スープが「オリジナルスープ」と「薬膳スープ」の2種類ありました。


「オリジナルスープ」はレトルトになるくらいだし、
「薬膳」も気になる。
これは困った。


悩みに悩んだ結果、
評判のいい「オリジナルスープ」を選び、
具の方は「チキン」にし、辛さは「5番激辛」にしました。
(ちなみに他の先輩方は、辛さは2または3、それぞれ、ポーク角煮、シーフード、そして僕と同じチキンを選びました)

さてさて皆で仕事の愚痴を言いつつ、
いえ、談笑しているうちにカレーが来ました。

c0180091_11171776.jpg


「オリジナルスープ チキン 辛さ5番」

透明感の中に旨味が光るあっさりスープ。
辛さはかなりストレートなパンチがあります。

辛さ選択は慎重にされた方が良いかと。

ちなみに、ご飯は玄米の大盛で、
どうやら玄米が僕の口には合うらしく、
夢中になって食べてしまいました。

次回は気になる「薬膳スープ」にチャレンジしようかなと。

普段一人で食べるのも美味しいですが、
やはり気の合う仲間と食べるのがいいですねw
ともあれ、4月より異動となるので、
今回の4人とはなかなか一緒に食べられないと思うと少し寂しいです。
まっ、しばらくはカレー忍者らしく一人でひっそり食べよっと。

お店データ
「札幌スープカレー 曼荼羅西町本店」さん
札幌市西区西町南7丁目1-21 ブランノワール西町
営業時間 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日 月曜(祝日の場合翌日)
(お店ホームページより)

by hanzoucurry | 2009-03-23 11:18 | 2009年札幌スープカレー | Comments(0)

「ひげ男爵」さん がっつり食べたい日はココ!

2009年2月26日
この日はお仕事がお休みだったので、
新しくできたでっかい本屋でお買い物。

でも、メインはカレーw。

今回のターゲットは「ひげ割引」でおなじみの「ひげ男爵」さん。
いままで足を運んでもお休みでフラれること2回、
3度目の正直と意気込んで行って参りました!!

c0180091_2141873.jpg


店内は、作家の東直己ばりのひげオヤジたちが(東さんすいません・・・)、
「へい!いらっしゃい!」と迎えてくれ、
「男が長髪にすな!帰れ!」とか、
「キサマ苦学生じゃないな帰れ!」という硬派な店を想像していなのですが、
実際は、
若くて可愛らしい女性スタッフが笑顔で迎えてくれ、
店内も広々して清潔感のただよう綺麗なお店でした。

開店間もないというのに、
ヤングなグループや、女性一人で来ているお客さんで一杯。
結構人気店だったのね。

それに、コミック本が充実しています。
ラインナップは「俺の空」「墨攻」「愛と誠」「空手バカ一代」ではないと思います。

さてともあれ、メニューを拝見。
結構気になるメニューがありましたが、
「表面をパリッと焼き上げた」につられ迷うことなくチキンにしましたw
c0180091_2151067.jpg

トッピング勢も充実してます。
c0180091_215297.jpg

さて、コミックのラインナップを見る間もなく、
カレーがやってきました(かなり早く出てきました)。
c0180091_2154629.jpg


いつもの如くスープからいただきます~♪
おっ!?
これは美味い。
なんかちゃんとカレーしてるスープカレーと言った印象を受け、
食べ進める毎にその美味しさが愛おしくなる。
背伸びせず、それぞれの長所を生かしているといった感じでしょうか。
なんだかホッとする味。

なんだか無性に食べたくなる時があると知人が語っていましたが、
おっしゃる通り、
これを書いている間もなぜか食べたくて仕方ありません。

そうですね~、食べ歩いた人も、初心者も、お子さんも、お父さんも、お母さんも、
おじいちゃんも、おばあちゃんも、
誰が食べても親しめるスープカレーかと思います。

チキンは大きくてメニューの紹介通り外はパリパリ♪
中は柔らかくてジューシー。
チキンだけ持ち帰りできませんか??
そしてスープの中に珍しく春雨が入っていましたが、
これもスープに良くってグー。

またいいお店を見つけてしまった。

そしてご飯大盛りはこんなのが出てきます。
でーん!(500グラム)
c0180091_216613.jpg



美味しく食べられて、
チキン950円+ご飯大盛りで100円。
合計1050円でしっかりおなか一杯で帰れます♪
なんちゅう、コストパフォーマンスじゃ。

仕事終わって、「あ~お腹空いた、カレー食べたい~。」
そんな時、みんなを連れて行きたいお店ですね♪

お店情報
「ひげ男爵」さん
札幌市中央区北1条東2丁目5-12
ビーンズコート1F
営業時間 11:00~15:00
     17:00~22:00 ともにラストオーダーは閉店30分前
お休み 不定休 →日曜の夜は2回振られているので、日曜の夜は危険。

尚、噂の「ひげ割引」、不精ひげは不可だそうです。
せっかく会社のひげ濃いI先輩と夜勤明けに行こうと思ってたのに・・・。
ともあれ、
東直己さん風(東先生スイマセン)、ラーメンマン風、
フレディ・マーキュリー風、
ビレッジピープルの警官風(わからんだろうな・・・)のひげを蓄えている方はお店に急げ!!

by hanzoucurry | 2009-03-13 02:18 | 2009年札幌スープカレー | Comments(6)

「カスタネッタ」さん 至高の一杯!

2009年2月25日 
この日、我がカレー部の新入部員Cくんを引き連れ、
評判を聞いてずっと行きたかった「カスタネッタ」さんにお邪魔しました。

注)Cくん 職場の同僚 カレー部二人目の妻帯者
c0180091_1962587.jpg

場所は白石区と厚別区の境目、
連日盛況と噂を聞く「ベす」さんからさらに厚別通りを大麻方面に進んだところにあります。
(車で5分ほどだったでしょうか。左側に見えてきます)

恥ずかしながら半蔵は車を所有しておりません。
自宅のある南平岸からはちょっと足を伸ばすのが憚られる場所でして、
今回Cくんの車のお陰でようやく行きつくことができました。
(Cよ、これから君はカレー部の足だ!w→カレーはごちそうします!)

さてさて、
なにはともあれ入店、
店内は古き良き喫茶店を思わせる落ち着いた雰囲気。
人の良さそうな店主さんがお出迎え。
まずはメニューを拝見。
c0180091_1954693.jpg


今日は朝からチキンと決めていたので僕は「チキン」で辛さは10、
Cくんは「ポーク」で辛5を選んでオーダー。

そして僕は噂の「納豆」をトッピング。

Cくんとカレー本を読みながら談笑すること数分。
きましたよ~。

c0180091_1934160.jpg


まずはスープです!
いままで味わったことのないタイプで、
あっさりとこってりの調度中間地点。
スープはチキンべースですかね?
コクと甘みがあり、
ゴマの風味がその美味しさをさらに盛りたてています。
スパイス感もスープの旨味を損ねることなく、
絶妙に配合されているという印象を受けました(必要最低限ですかね)。
あっさり派、こってり派、どちらの方が味わっても満足できるかと僕は思います。

さてお次は野菜、
野菜それぞれ調理方法が違うようです、
ニンジンは焼いたもの、ナスは素揚げしたもの。
月並みな言い方ですが、
どれも丁寧にしっかり調理されている感じで、
スープとも相性抜群です。

さらにチキン!
ボリュームあって軟らかくてうめー。
ちなみCの食べていたポーク(角煮)を一口いただくと、
これもとろとろ。
本日二回目「スープとも相性抜群です」。

最後にトッピングの納豆。
でーん!

c0180091_194769.jpg


ライスオンは初めて見ましたww
プレーンで食べても美味しいんですけど。
納豆には何をお混ぜになられているのですか?
本日三回目「スープとも相性抜群です」

ずっと来たかった「カスタネッタ」さま。
お初でしたがスープ、野菜、具在、納豆まで、
早くも半蔵の「脳内殿堂入り」確定です。

あぁ、なんだろうあの食べた後の幸せ感は・・・。
近所にあったら足げく通うだろうなぁ。

お店データ 「カスタネッタ」さん
札幌市白石区川下5条3丁目1-25
厚別通りをはさんで向かい側に中古車屋さんがあります。
営業時間 昼の部 11:30~16:00
     夜の部 17:30~21:00
定休日 火曜日
駐車場アリです

by hanzoucurry | 2009-03-07 19:07 | 2009年札幌スープカレー | Comments(4)

「アジャンタ インドカリ店」さん  老舗の底力

2009年2月17日
このお店、
まだ半蔵が青っぱなを垂らしていた時からある(その前からある)、
札幌で最も歴史のあるお店。

操業30年以上経った今でも、
自慢の薬膳カレーは多くの人の舌を魅了し、
根強いファンが多いと聞きます。

が、不肖半蔵、
「薬」と聞くとどうしても尻ごみしてしまう大の薬嫌い理由:苦いから
「アジャンタ」さんの代名詞である「十種の漢方を使用」と聞いただけで、
幼いころのトラウマが蘇りどうしても足を伸ばす事ができませんでした。

余談ですが、注射も嫌い理由:痛いから

ですがね、
札幌市カレー店全店制覇をもくろむ半蔵、
いつまでも病院嫌いの子供のように実力店を避けるわけには行きません。

と、いうわけで、当日風邪気味だったので、
病院行くよりはいいだろ、
位の気持ちでお邪魔させていただきました。

そして、スープを味わってそんな気持ちでお邪魔した事を後悔することに・・・。

なにはともあれ入店し、
「とりやさい」をオーダー(1600円也)。
さほどの待ち時間もなく、
特大サイズがきました。

c0180091_2303937.jpg


コップの大きさと野菜の大きさを比べて見てください。

さて、まずは自慢のスープから。

見た目は分厚い油膜が張り脂っこそうに見えますが、
口に入れたところほとんど感じません。
薬膳カレーとありますが、薬っぽさもありません。

それよりも、
なんですかこの奥の深いスープは!!
鶏がらベース?に自慢の35種類のブレンドスパイス(さらに漢方が10種類)。
これは、一度行っただけでは恐れ多くて感想は言えません。
ただ、マニア受けするカレーだなと。

ともあれ、美味いす!!

野菜は下茹でした程度のプレーンな感じですが、
スープに良く合っているし、ヘルシーで美味!

さらになんでしょうね、
他のお店を引き合いに出して申し訳ありません、
マジスパのような高揚する感じではないのですが、
お腹の底からポカポカするような感じがこみ上げて来るんです。

ちと、お値段は張りましたが、
ここもまた訪れたいお店にリストアップさせたいただきましたw
次回は人気の「カシミール」で参ります♪

アジャンタさんへ、
食べる前から冒頭のようなイメージを持って来店した事を、
心からお詫び申し上げます。
ホント美味かったっす!

「アジャンタ インドカリ店」
札幌市中央区南22条西7丁目1-10
目標 柏中学
営業時間 11:30(?)~15:00
スープ切れになることがあるようなので、
早めにご来店ください。
定休日 月曜日 ともう一日あるようですが、詳細不明(スンマセン)。

by hanzoucurry | 2009-03-02 23:04 | 2009年札幌スープカレー | Comments(6)