<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅津カレー「かつき」さん

2016年3月27日更新
父親の家に遊びに行った際に発見しました。
c0180091_21441423.jpg

「かつき」さん。
四条通から路地に入ったところにあります。

店内は木を基調にした、カウンターだけのお店で、
カレー屋さんというより、
一品料理屋さんと言った雰囲気。
愛想の良い店主さんが、
カウンターの中で奮闘中です。

さて、この日は珍しく父とカレーです。
c0180091_21443423.jpg

まずは瓶ビールで乾杯♪

真昼間から親子でビールを飲んで暫し待つ事数分。
c0180091_21445173.jpg

まずは父親の「ビーフカレー」(ライスはハーフサイズ)

そして私の
c0180091_2145548.jpg

「カツカレー」
当初は大盛りする予定でしたが、
店主さんの「大盛りはライス450グラムです。」に怖気づく・・・。
さすがにもう450グラムは私でも多い(笑)

すると店主さんから「お値段はそのままでええですから、チョイ大盛りにしときますね♪」
嬉しい提案が。
c0180091_21454576.jpg

あとサービスでこの様なおばんざいも嬉しい。
あと、ダシの良く効いた美味しいおみそ汁も付いてきます。

さて、カレーいただきますね。
とろみが少しある、
サラサラタイプのルゥカレーで、
甘みのある口当たりが良いマイルドなカレー。

なんかこうホッとするような味です♪
ターメリックライスとの相性も良いというか、
いや、
ルゥとこのターメリックライスが一体化カレーと言うべきでしょうか?

ルゥが美味しいので、ついついライスの存在を忘れてしまい、
最後の方はバランスが悪くなりましたが・・・(笑)

カツもサクサクして、お肉も柔らかくて美味しいですね。
あと、ジャガイモが美味しかった♪

尚、辛さはほとんどありませんので、
お子様でも食べられると思います。
※ 後入れ辛味オイルがありますので、辛党の皆さまご安心ください。

ちょっと分かりづらい場所にありますが、
行ってみる価値はありますよ。
店主さんのお人柄も良いですし♪

父親の家から歩いて数秒なので、
また遊びに行った際にお邪魔したいです。

今回お邪魔したのは「かつき」さん
住所 京都市右京区梅津林口町2-3
営業時間 11:00~19:00
定休日 木曜日

by hanzoucurry | 2016-03-27 21:48 | 京都市 | Comments(0)

がっつり行きました「カレーの市民アルバ」さん

2016年3月21日更新
時折、無性にカツカレーを食べたくなるときありません?
しかも豪快に。

まさにこの日は起床と同時に、
猛烈にその衝動に襲われたので、
以前から目を付けていたこちらに「カレーの市民アルバ 京都店」さんにお邪魔しました。
c0180091_20112638.jpg

c0180091_20113972.jpg

c0180091_2011375.jpg

「カレーの市民アルバ」さんは金沢カレーのお店で、
細かい事は良く分かりませんが、
秋葉原のお店には多くのファンがいるそうです。

さて、ガッツリとカツカレー行きますか。
c0180091_20115835.jpg

「Wカツカレー」
ライス・ルゥ大盛りな上、
ドカーンとカツが二枚入っています。
全体的に結構量多いです(笑)
食の細い女性にはちとキツイレベルか?

ともあれいただきます♪

おお、ドロっとした粘り気のルゥカレーです。
コクがあって美味しく、
以前某所で食べた金沢カレーよりも濃厚さが落ちますが、
その代わりこちらは旨味が強いかと思います。
まっ、いずれにせよ美味しいもんは美味しい♪

飾らず、驕らず、庶民的、
こういうカレーもやっぱりいいなぁ~。

ちなみに辛さ、
私の舌にはほとんど感じられません。

が、結構面白そうなトッピングがありましたので、
次回はそれを使ってみようかな。
c0180091_20122884.jpg

尚、今回は珍しい「一味」途中から味編のために、
ガッツリと投入。

うん、このカレーは辛い方がいいな(個人的に)。
そんな訳で、次回はそのトッピングを♪

あとすんません、
アルバさん、もうちょっとでいいですから、
カツ、厚くしてもらえません(笑)
まっ、コスパの問題もあるから贅沢はいえないか。


まぁ、少し薄かったですが、
カツは衣がカリっとサクッとが合わさった、
これも庶民的な親しみのもてる一品でした。


そうねぇ~、飲んだ日の翌日や、
キツイ勤務の終了時なんかにまたフラッと食べに行きたいですね。
前述の通り面白そうなトッピングもあることですし♪

今回お邪魔したのは「カレーの市民アルバ マルチメディアヨドバシ京都店」さん
住所 京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町590-2(ヨドバシの6F)
営業時間11:00~23:00
定休日 無休

by hanzoucurry | 2016-03-21 20:13 | 京都市 | Comments(0)

カレーとプリンと 「フジヤマプリン」さん

2016年3月15日更新
宮城にいた頃、
京都の美味しいカレー屋さんをネットで検索すると、
必ず出てくるのが「フジヤマプリン」さん。

のほほ~んとロックのバーボン(安いやつ)をチビリちびりと飲みながら、
パソコン画面の前で「なんでプリン屋さんが出てくるんだっちゃ!」と、
深く詮索する事もなくノーマークでした。

そして、先日購入した某情報誌で、
「カレーとプリン」のお店である事が判明(笑)

しかも「近江牛すじライスカレー」に一目ぼれ。

「これは行かなおえんがな!」
c0180091_043162.jpg

「フジヤマプリン」さん
場所は、西京極運動公園の近くの天神川沿いにあります。

手作り感と温か味のある、
木を基調とした店内は、なんかこうホッとできる雰囲気。
カウンター席あり、テーブル席ありで、
家族連れ、カップル、訳ありカップル、そして私の様なオッサンソロ、
幅広い層に親しまれそうです。

さて、オーダーしたのはもちろんこちら。
c0180091_044837.jpg

「近江牛すじライスカレー」
ガツンとしたスパイス感こそ無いものの、
それを求めるのはちょっと違うカレー。

トロっとした食感の優しいルゥカレー。
深いコクと、程良い酸味、
そしてその後に付いてくる芳醇な旨味。

ここも美味いわ~。

おっと、「牛すじ」ですね。
こちらは予想通り、柔らかくてトロトロ♪
非常に個人的な問題ですが、
もっとたくさん入れて欲しかった!(笑)

さて、せっかくですからプリンも行きましょう♪
c0180091_05699.jpg

「チャイプリン」
この柔らかい食感がいいなぁ~、
口の中でとろけるみたいっす。


ちなみにプリンの種類は「黒糖プリン」「チャイプリン」「コーヒー牛乳プリン」
「宇治抹茶ミルクプリン」とありました。

うん、とりあえず、制覇するべプリン全部。
他に気になるカレーもあるし♪

ともあれ、また美味しいお店と出会えて良かった。

大変美味しくいただきました、ごちそうさまです。

今回お邪魔したのは「フジヤマプリン」さん
住所 京都市右京区西京極北大入町68
最寄駅 阪急「西京極駅」
営業時間 月金11:30~18:00(ラスト17:45)
     水木土日祝 
       11:30~20:30(ラスト20:00)
     カレー売り切れへん店あり
定休日 火曜日 および 不定休
※ データはお店でもらったカードより引用いたしました。

by hanzoucurry | 2016-03-15 00:07 | 京都市 | Comments(0)

強烈な個性「三代目カレー舎、NANDI。」さん

2016年3月6日更新
まずはお詫びです。
前回更新のブログが、
数日間2015年更新となっておりました。
訂正してお詫び致します。
c0180091_18284335.jpg

さて、京都は三月も入ったばかりだと言うのに、
御覧の気温です。
「21℃」ぶっちゃけ半袖でもよろしい陽気。
c0180091_18285331.jpg

そんな陽気の中、
自宅より鴨川沿いをブラブラ♪
自宅から歩くこと約2時間半。
c0180091_1831943.jpg

「三代目カレー舎、NANDI(ナンディ)。」さん。
2014年7月に尼崎から移転してきた超実力店。
批評を他方面から集めてみますと、
辛党の方や、
多くのお店を食べ歩いた皆さんに絶大な支持を受けている様です。

さて、オーダーしましょう♪
c0180091_18293097.jpg

「ダブルカレー」
左は「レンズ豆と野菜」、
そして右がお店の看板メニューの「激辛黒カレー」です。
ちなみに、黒カレーの具には元道民らしく「ラム」で(笑)
※ チキン・ポーク・ラム・ミックスベジタブルの中から選びます。

尚、ライスは大盛りです。
だって、お腹空いてたんだもん!

まずは、「レンズ豆と野菜(辛口)」。
ガツンと来る辛さの中に、
野菜とお豆さんの甘みが活きたヘルシーなカレー。
見た目よりも辛さは結構来ます♪

そして本日のお目当ての「黒カレー」
20年以上継ぎ足しで煮込まれてる、
お店のご自慢のスパイスカレーです。

深いコクと、程良い苦味と酸味、
かつて経験した事のない風味とスパイス感。

そして、破壊力抜群の辛さ。

普段代謝の悪い半蔵104から、
心地よい汗が噴き出ます。

そうそうこの汗が欲しかった♪

ああ、しっかし、ここ美味いわぁ~。

辛いのが苦手の方は敬遠すべきかもしれませんが、
我々、辛いもんバカ一代にとっては天に舞う様な心地よさです。

ラムも柔らかいし、懐かしくて美味かった。

ちなみに、場所は京都における「ラーメン大激戦区」一乗寺にあります、
ラーメンも好きな皆様には、
かなり誘惑の多い場所なのでご注意ください。

なにはともあれ、大変美味しくいただきました、ごちそうさまです。

今回お邪魔したのは「三代目カレー舎、NANDI(ナンディ)」さん
住所 京都市左京区一乗寺築田町95 第2メゾン白川1F
営業時間 11:30~14:30
     17:30~21:30
定休日 水曜 第三木曜
※ データはお店のホームページより引用させていただきました。

by hanzoucurry | 2016-03-06 18:34 | 京都市 | Comments(0)