「エスパー・イトウ」さん 

「店名とは裏腹にカップルが楽しめそうな店内」

2008年12月21日
さぁーて今回は札幌市西区強化特集第2弾といたしまして、
先月オープンしたばかりの「エスパー・イトウ」さんにお邪魔しました。

ええ、
別に半蔵が夢を見ているとか、おかしくなったわけではなく、
本当にお店の名前ですw
c0180091_202532.jpg

まずお店に入ると店員さんがバットを軸にクルクル回っていたり
鞄の中に入たり出たり
そして厨房ではゴム手袋を頭から被ってフンガフンガしている人がいたり・・・


まぁ、ともあれ店名の強烈なインパクトとは裏腹に店内は広くてきれいオシャレ。
そんな空間とは逆ベクトルを生きるような夜勤明けの汚い僕でも、
感じのよい女性店員さんが優しく笑顔で迎えてくれました。
(BOXとカウンター席があるので、一人でも入りやすいです)

さて、メニューを拝見。
c0180091_2026627.jpg


スープは「ややあっさり系(さらさらスープ)」と、
「旨味系(トマトベーススープ)」の2種類。

具の方は「エスパーチキン」をはじめ、
「ベジタブル」「角煮」「ハンバーグ」「キノコ」「ベーコン&温玉」「シーフード」があり、
そのすべての頭に「エスパー」が付く徹底ぶり
(別メニューでマンスリーだかウィークリーだったか「ホワイトカレー」もありました)

辛さは5段階でそれ以降は+50円~。
段階の目安が、1普通 2中辛 3やや辛口 4辛口 5激辛となっていました。

いざ、オーダー!本日も新規開拓だったので迷いに迷いましが、
「旨味系スープ エスパーチキン 辛さ5」に決定!

読書しながら待つこと数分、さほどの待ち時間もなしにエスパーチキンが登場。

c0180091_20271562.jpg

それではいただきます!
まず、野菜が大きくて量も多くそして美味しい、
スープに隠れていますが程よい大きさにカットされたキャベツがたっぷり(これがスープに合って美味い)。

スープはややこってりの旨味あるスープで、
メニューではトマトベースとありましたが、
僕の舌には強い甘さのある旨味は感じるものの、
トマトの酸味はほとんど感じられませんでした。

トマト系が好きな方は少し物足りなく感じるかも知れませんね。

でも、スープの甘みは僕の頼んだ辛さとマッチして僕的には美味でした。
あとはスープの量がもう少し欲しかったかな・・・w

そして、僕のおすすめ!(今日は!が多い)
チキンがものすごく軟らかく、
スプーンを軽く入れただけで簡単にほぐれる♪
それを口に入れてごらんなさいアナタ!!
チキンがこの軟らかさということは、
角煮はいったいどんなものを出すのだろう・・・。

恐ろしい・・・w

次回は絶対角煮をいただきます♪

最後に全道、いえ全国のイトウさんに朗報!
イトウさんは100円割引(グループ内にイトウさんがいる場合全員割引)です。

でも、ネーミングの由来はなんなんでしょうね・・・。
ちなみに、本物のエスパー伊東氏は、
知人の結婚披露宴の余興をやったらしく、
新婦側の親族をドン引きさせたとか・・・。
まっ、カレーとは関係ない話ですが・・・。

お店情報
「超人的咖喱湯専科エスパー・イトウ」
札幌市西区八軒5条西1丁目2-32 パレスチャギヒラ1階
下手稲通り沿い(付近にでっかいパチンコ屋さんがあります)
定休日 月曜日
11:30~15:00 17:00~22:00
土日祝 は通し(ラストオーダーはいずれも21:30)

追伸、この日は「MASAMUNE」(自慢のPENTAXのデジカメ)を忘れ、
携帯カメラのでの撮影でした。

# by hanzoucurry | 2008-12-23 20:30 | 2008年札幌スープカレー | Comments(0)

「カレー工房 花車」さん 老舗店の実力

「カレー工房 花車」さん
2008年12月17日 

よく言われることなんですが、
「半蔵って、西区の店あんまり行かねぇな」。

ええ、正直、公私ともに札幌市西区は馴染みが薄くて、
どうしても足が向きませんでした。

が、
多くの人にこのブログを楽しんでもらいたい。
そして、カレー忍者としても、
今や北大界隈と並ぶカレー激戦区になりつつある西区をいつまでもほっとく訳にもまいりません。

てな、わけで、
今月と来月は西区強化キャンペーンで参ります(もちろん別の地域も普通に行きますがw)。

ハイ、今回はキャンペーン第一弾として、
西区琴似の老舗「カレー工房 花車」さんにお邪魔しました。
c0180091_22181380.jpg


正直私、ここの噂を聞いた時はわりと新しいお店だと認識していたんですが、
札幌のカレー界でも老舗中の老舗であり、
長くこのお店を愛するファンも多いのだとか・・・。
私もまだまだ修行不足ですね、花車さんゴメンナサイ。

さて、今回は西区在住のお友達も引き連れ参戦。

入店し、メニューを拝見しますと、
カレーが4種類もあります。
・スリランカカリー(スープタイプ)
・ベトナムカリー(スープタイプ)
・イエローカリー(ルゥタイプ)
・英国風ブラックカリー(ルゥタイプ)
さぁて、迷いました。
スリランカ風に最近ハマっているし、
ベトナムはアオザイが好きだし、
(「カレーと関係ないのでは?」等のクレームは受理しません!!)
イエローカレーもなんか捨てがたいし、
英国風ブラックだなんて普通に生活してたら聞かない言葉ですよ!!
(仮面ライダーブラックなら毎日のように聞きますが)。

迷いに迷った挙句、
「スリランカカリー チキン野菜 辛さ10」(確か辛さ10だったと・・・)。

談笑して待つこと数分。
いい香りに運ばれてカレーがやってまいりました。
c0180091_2218526.jpg


う~ん、香りがいいです♪
スープはスリランカ風でイメージしているよりも、
スパイスのパンチがやや抑え気味。
トマト系の酸味をやや感じさせる後味すっきりあっさりタイプ。


おっ!これは!といった斬新感はないですが、
長く味を守ってきたのだろうなと思わせる、
堅実な美味しさのあるスープでした。
ただ、私のオーダーミスですが、
もっと辛くすれば良かったかとww(花車さんは悪くありません!)

飽きが来なさそうなこのスープは、
通えば通うほど美味しくなっていきそうですね。
そして何より、
スリランカ風ですから辛さを上げればもっと美味しくなりそうです♪
もちろん、次回は辛さ大幅アップで!!

ともあれ、
他のスープとルゥ(特に英国風ブラック!)も気になるので、
また是非行きたいと思います。

「カリー工房 花車」
札幌市西区琴似1条5丁目1-26
11:00~23:00
日祝は22:00まで。
定休日 火曜日
最寄駅 札幌地下鉄東西線琴似駅下車(駅から近いです)

# by hanzoucurry | 2008-12-21 22:25 | 2008年札幌スープカレー | Comments(0)

「カレー魂 デストロイヤー」さん 幸せな選択の巻

2008年12月14日 日曜日

札幌市中央区、
とあるカレーマニアに「俺はあの店があれば生きていける!!」
と言わしめさせるお店があります。

その名は「村上カレー店プルプル」、
独特のスパイス感(僕は勝手に硬派なスパイス感と呼んでいます)で、
札幌スープカレー界で圧倒的な存在感を誇るお店。

あの絶品カレーは、
大のカレー好きである創業者の村上さんがほぼ独学で完成させたものだというから、
同じカレー好き(もちろん次元は違い過ぎますが・・・w)としては最大の尊敬通り越して崇拝に値します(お人柄や向上心にも尊敬しております)。

今回はそんな「プルプル」さんの2号店、
「カレー魂 デストロイヤー」さんにお邪魔しました。
ちなみに、今回は私が勤務する会社の「カレー部」の副部長さんと一緒です。

c0180091_3282974.jpg


注1)会社カレー部
私が勤務する会社で私が勝手に創設。
当然会社非公認!w そして部長は私♪

注2)カレー部副部長
カレーマニアを超えたカレーマニアであり、出向いたお店の件数は軽く部長の2倍以上。
違いの分かる舌と、的確な分析能力を併せ持つ、
頼もしき我が部の頭脳。
尚、上記の「生きていける」と言ったのはこの男。

私はいつも、「プルプル」さんに行くと幸せな選択を迫られます。
「チキンにするか・・・。」「キーマにするか・・・。」「それとも、ナット挽肉ベジタブルにするか・・・」と言った贅沢な選択をww
そして、ここ「デストロイヤー」さんもそれは同じでした。
チキンベジタブル、トマト・チキンベジタブル、
キーマ・カレー、きのこ・チーズベジタブル、ラムボールベジタブル・・・。
嫌がらせですか!!

さらにデストロイヤー限定メニュー 「豚角煮カレー」等
がさらに幸せな悩みに追い打ちをかける・・・。

副部長も私の目の前で同じ悩みで苦しんでいる・・・。

散々悩んだ挙句、
私は「ラムボールベジタブル 辛さ50」に、
そしてトッピングは「サンボールハーフ」にしました。

c0180091_3275784.jpg


注3)サンボール
鰹節とにんにくとショウガ 玉ねぎの和え物(プルプルさんホームべージより)。
ご飯にまぶして食べるとおいしいようですが、
僕は少しずつスプーンで崩してご飯と一緒に食べます♪
ご飯にもの凄く合うんですよ、これが!!

さて、真剣勝負開始です。
まず口に広がる硬派なスパイス感♪
臭覚を惑わすスパイスの香り♪
玉ねぎの甘み♪
ストレートに舌を攻めるも、後に残らない辛さ♪

そして、
ラムボールはジューシーこそないものの、
肉のお味がスープと良くあい食欲を促進させてくれました。
(逆に、スープの美味しさを引き立てるための具なのかも)

ベース、スパイス、辛さ、
完璧なバランスの良い攻撃に私と副部長の五感は終始翻弄されつづけ、
「美味しい、美味しすぎる」
「ずっと食べていたい・・・。スープが無くなるごとにさみしくなる・・・。」を、
ずっと独身男二人は連呼し続ける始末でした・・・。
(もしよろしければ「独身」のところを「自由恋愛独人貴族」と読んでいただけると幸いです)

お店のコンセプトはわかりませんが、
「プルプル」さんと、ひょっとすると味が違うのかもしれませんが、
僕の幼稚な舌では区別はつかぬ寸分たがわぬお味でございました。

普段は平日お仕事で、
「日曜日に食べにプルプルさんに行きたいが定休日でいけない!!」
そんな人にまずはオススメなお店です。

が、それも大切ですが、
僕がイチオシなのはこのお店と店員さんの雰囲気です。
美味しく食べれて、何となくいい気分で帰れる。
本当に好きな人がやっているお店、
という感覚がふつふつと伝わってきます。


尚、もし3店舗目をオープンすることがあれば、
私のホームグラウンド「南平岸」でお願いします!!

お店情報
「カレー魂 デストロイヤー」
札幌市中央区南4条西21丁目第5藤栄ビル1階
昼の部11:30~14:30
夜の部17:00~21:00 
(土日祝が通し営業なのかは情報不足で不明です・・・すいません・・・)
定休日 木曜日
尚、平日11:30~14:30のランチタイムは各品750円というリーズナブルな値段になります。

# by hanzoucurry | 2008-12-18 03:33 | 2008年札幌スープカレー | Comments(0)

「Rojiura Curry SAMURAI」さん

12月9日
「これが札幌スープカレーだ!!」と思わず道外の人に自慢したくなるお店がここ「Sumurai」さんです。
「カレーはやっぱルゥだよ」とか「スープカレー?ありえない」と頑なに戒律をもった方をぜひ連れて行ってあげたいお店ww

c0180091_0425124.jpg


まぁ今更僕が言うまでありませんが、
現在札幌でも屈指の人気店であり超がつく実力店でもあります。
ちなみに僕はいつも夕方の部17:30の開店に合わせて入店しますが、
だいたい開店10分ほどでほぼ全席が埋まります。

まずスープは2種類、
数十種類の具在を手間暇掛けて煮込んだブイヨン(10時間以上だとか)とトマトベースの「レギュラースープ」、
もうひとつは僕まだ未経験の「マイルドスープ」(豆乳と鰹節主体だとか)。
いずれもファンが多いスープです。

そして僕が一押しなのはトッピングの「侍ザンギ」!!
ニンニクの効いた味付けで外サクサク中はジューシー、
まるでお約束ですがこれが、
スープとご飯にたまらなく合います

注)ザンギ
北海道外の「若鳥の唐揚げ」によく似た食べ物。
衣や味付けが鶏のから揚げとは違うとありますが、
私にはその区別はつきません。
語源も不明。
ちなみに、道内あちらこちらに「元祖ザンギのお店」が散在しますが、
どこが本当元祖かも不明。
新日本プロレスに参戦していた毛むくじゃらのロシア人レスラーとの関連性も不明(ビクトル・ザンギエフ選手、今いずこ?)


さて気を取り直して、本日のオーダーは、
ザンギのことを考えて肉なしの「豆腐と彩り野菜16種類」とする予定でしたが、
メニューの「挽肉納豆と野菜」が目につき、
どちらにするか非常に悩みました。

おそらく転職や結婚でもこんなに悩まないでしょう・・・。

「挽肉納豆と野菜 ノーマルスープ 辛さ10番(20番まであります)」
トッピング「焦がしチーズ&侍ザンギ」にしました。
c0180091_0443030.jpg


正直、ここのスープに納豆は合うかな?
と、心配しておりましたが、
さすがサムライさん、そんな心配はどこ吹く風。
スープに納豆がよく合い、
スパイスに納豆がマッチした絶妙なお味に。
そしてなにより、
辛さも納豆によりマイルドな辛さに変身!!
これもやめられませんねww

そして、初挑戦の焦がしチーズ(スープの中に入れてもらうことも可能)。
焼きチーズのまろやかさと香ばしさが、
これまたご飯にもスープにも合います(次回より焦がしチーズは必至かw)
c0180091_045816.jpg


ともあれ、納豆カレー、
スパイスにより納豆臭がかなり抑えられます。
納豆がイマイチ苦手、特に匂いが嫌いという人に食べさせてみたいです。
ひょっとして納豆が食べられるようになるかも。
(お子様にどうでしょうか?)

ちなみに僕は以前、納豆が大の苦手でしたが、
カレーと一緒に食べることにより、それを克服しました。
そしていまでは、納豆あればごちそうとまでなる始末w

なお、
今回の侍ザンギがやや小さい気がしたのは気のせいでしょうか??
もちろん味は同じでしたが。
次回は、もっと大きいザンギを期待!!

ともあれ、こだわりと完成度、
「せっかく札幌に来たからスープカレーを食べたい!!」と言う地方から来た友達を、
自信をもって連れて行けるお店です。
まっ、今更僕が言うまでもないですがねww

まだまだ褒めたいところはいっぱいありますが、
近くに行きますのでそれまでネタは取っておきますww


尚、西区に2号店出店準備中の模様です。


半蔵オススメメニュー
ノーマルスープ「豆腐と彩り野菜16種」「挽肉納豆と野菜」
トッピング 「侍ザンギ」


札幌市豊平区美園4条2丁目2-31 SDビル1階
昼の部11:30~15:30(ラストオーダー15:00)
夜の部17:30~22:00(ラストオーダー21:30)
土日祝通し
ただしスープが無くなり次第終了

定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
最寄駅 札幌地下鉄東豊線「豊平公園駅」下車
場所は分かりずらい場所にあります。
詳細は「Samurai」さんのホームページにて。

# by hanzoucurry | 2008-12-14 01:05 | 2008年札幌スープカレー | Comments(0)

「そこぢから」さん チキン最高よ~

残念ながら閉店された模様です。最近スリランカに行ってみたいと密かに画策している半蔵ですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

いえね、札幌で食べる「スリランカ」と名の付くカレーはどこも美味しくて、
ついつい本場でも食べてみたいと短絡的な考えを持ってみましたw

スリランカカレーの特徴として
「辛さが強く、多くのスパイスを使い、小麦粉を使わず玉ねぎを使う」とのことですが、
確かに札幌で「スリランカ」と名を掲げるところはどこもスパイスのこだわっていますよね。

さて、前置きが長くなりましたが、
ガイドブックで行ったことないと「スリランカカレー」のお店はないものかと、
ペラッペラ~と読んでおりますと。

あった!!

しかも、懇意のカレーブロガーさん達が太鼓判を押す、
老舗中の老舗といわれるお店が!!
(私もまだまだ修行不足です)

てなわけで衝動を抑えきれず、
「そこぢから」さんにお邪魔しましたww

c0180091_2125095.jpg


まずメニューを見ると、
コクのあるサラサラスープの「シンハラカリー」と、
玉ねぎのとろみ甘みトマトの酸味あるルーに近い「タミル」
(タミフルじゃないですよ!ともあれインフルエンザに注意!!)
とスープが2種類ありました。

どちらにするか非常に悩みましたが、
カワイイ店員さんが鶴の一声!!

「今日はタミルが品切れです」

さらにメニューを見てなんじゃこりゃ!

このお店のこだわりは凄すぎる!!
まず野菜はオール北海道産、
スパイスも神戸の専門店から仕入れ、
さらにお塩は天然減塩を使用し科学調味料は一切使用なし!!
ときたもんだ。

さて、具材をチョイス。
ラムカレーのラムですが「一頭から約500グラムしかとれない」厳選肉を使用。
次にチキンカレーのチキンは「放し飼いの北海道産鶏」ですって。

教えてください!あなたならどちらを選ぶ!!
「閣下、ご決断を!!」と心の叫びが私に決断を迫ります。

そんな最中、またもやカワイイ店員さんから嬉しいご提案

「あと、ラムも切らしてます!!」

・・・。


と、いうわけで、
「シンハラカリー チキンベジタブル 辛さ50」に決定!! 
ちなみに玉子はゆで玉子か、とろ玉と選択できます。
僕は、とろ玉を選びました(ライスオン)。
c0180091_212367.jpg



さて、来ました。

c0180091_2122331.jpg


まずスープですが、
香りがよく、コクあり後味すっきり、
何より独特のスパイス感がたまりません。

そして、僕が今回イチオシしたいのはチキンです。

骨付きレッグではないのですが、
軟らかくてトロトロで舌の上でとろけるな~、
チキンってこんなにジューシーでしたっけ??
と思わせるような絶品さです!!

あ~、幸せ~。
さらにこのチキンはスープと本当によくマッチしています。

辛さの方は50では僕には物足りない感じがしましたが、
さすがスリランカカレー、
辛さを上げればさらに美味しくなっていきそうです。
(辛さ70から、京都産の日本一辛いトウガラシが入るとか・・・。
これは試さねば!)

う~ん、否の打ちようがないですね~、「そこぢから」さんは。

行けばいくほどハマりそうなww
次回は是非ラムを!!

札幌市中央区南11条西6丁目1-18 エスケイビル1F
定休日 水曜日
11:30~22:30(22:00ラストオーダー)
市電 中島公園通 下車30秒

# by hanzoucurry | 2008-12-10 02:14 | 2008年札幌スープカレー | Comments(4)

「マジックスパイス 札幌本店」さん 

12月5日
5日夜勤終了間近に突然鼻水が出始めて喉もイガイガ。
あらら、風邪ですか・・・。

てな訳で、風邪にはスパイスってことで、
夜勤明けマジックスパイス本店さんにお邪魔しました!!(ちと強引ですかねww)

まぁそれもあるのですが、
先日旅中に食べた下北沢店のスープの味が舌に残っている間に、
なんとなく本店に行ってみたかったんですww

c0180091_22192918.jpg


さて、何をオーダーしたかといいますと、
普通風邪の疑いがあるのだから、胃のことも考え、
辛さ控え目で消化のよさそうなベジタブルなんかを頼むんでしょうけど、
さすが私、後でより今が大切!!
なんの考えもなしにいつもどおり、
「ハンバーグ 虚空 150 トッピング 舞茸」で真剣勝負ですww
(ピッキーヌ150本入り♪)
c0180091_22185332.jpg


さて、気のせいかもしれませんが、
先日下北店でも虚空150を食べたわけですが、
本店と下北の違いを申し上げますと、
本店の方が辛さがシャープで舌にストレートに伝わってくるような・・・。
皆さんはどう思いますか?

まっ、いずれにせよ、本店・下北沢店共にマジスパは美味いっす!!
この辛い中でもジューシーさが消えないハンバーグ。
甘さがスープと絶妙のハーモニーを奏でるトッピングの舞茸(でかくて歯ごたえがあって最高っす)。


この日もスープと途中から一体化するような錯覚にとらわれ、
結局体長不良もどこ吹く風、
水なしで虚空150を平らげていました(この日も200で良かったかな)。

さてさて、帰り際店員さんに、
噂の名古屋進出の件を訪ねてみたところ、
「出店は確実ですが、まだ時間がかかる」との返答といただきました。
マジスパのことですから、間違いなく限定メニューができるでしょうね♪
もちろん行きまっせ!!(まずは大阪店からですねww)

ちなみに、「札幌本店の限定メニューてなんでしたっけ?」と店員さんに聞くと、
「カツレツとフィッシュフライですよ~。」って、
な~んだいつも食べてるじゃない・・・。
今度から、カツレツとフィッシュフライはもっとありがたがって食べたいと思います。


さて、帰宅後お昼寝をして夕方過ぎ起床。
鼻水と喉のイガイガはどこかに消えていました。
マジスパ恐るべし!!

本人の感想であり、効能を示すものではありません。

そしてもう一つ、
頑固そうなおじさんが、
お母さんらしいおばあちゃんを連れて食べに来ていました。
初めての来店らしく「おいしいって噂を聞いてきたんだけど、ルゥじゃないの~」等の文句?
を店員さんに言っておられましたが、
一口食べて虜になっていたようで、
お母様と「おいしいね、おいしいね」って楽しそうに、
そして嬉しそうに食べてらっしゃいました。

美味しいものには人を笑顔にする力があるのですね。
また、マジスパが好きになってしまいましたww

「ラブ パワー ストーリー」 なるほどね♪

札幌市白石区本郷通8丁目南6-2 
最寄駅 地下鉄東西線「南郷7丁目駅」下車徒歩6分程。
(駅の案内地図に「マジックスパイス」ってあります♪)
定休日 水・木 
昼11:00~15:00
夜17:30~22:00 (土日は通し)

半蔵オススメメニュー
「フィッシュフライ」「ハンバーグ」「モモ(ネパール餃子)」
半蔵おススメトッピング
「舞茸」「高野豆腐(地雷ですw辛さ注意w)」

# by hanzoucurry | 2008-12-08 22:30 | 2008年札幌スープカレー | Comments(0)